Address

Luz ルース

〒108-0074

東京都港区高輪2-3-22  マリーナ高輪1F

TEL:03-6456-4092

Open Hours
Monday to Friday: 11AM -8 PM
Weekend: 11AM - 8PM

 

ご予約はお電話、LINE、メールにて承ります。お気軽にご連絡ください。

クレイの魅力とはなにか?

What is Clay…?

クレイの魅力とはなにか?

最近耳にすることが多くなったクレイ。

自然派のコスメショップや百貨店、ネット上での販売や、雑誌での掲載や有名な方が愛用されているなどして、メディアで紹介されている機会も増えたように感じます。

今では美容でもよく使われており、お肌や髪の毛のパックとして使用したり、お風呂の中に入れたりと様々な使い方が出来ます。

当サロンでも、保湿やくすみの改善、デトックスなどの目的で、手元や足元のクレイパックとして使用しています。

何となく美容に良さそうな印象を受けますが、そもそもクレイとは何なのでしょうか。
ここではクレイとは何か、どんなものがあるのか、どのような効果をもたらすのか。
クレイの基本についてお伝えします。

  • クレイとは何か
  • クレイにはどのような種類があるのか
  • 原産地別による種類
  • 鉱物学上での種類
  • カラー別での種類
  • クレイにはどのような効果があるのか
  • クレイを使用する際に気を付けること
  • クレイはどのように使うのか
  • まとめ

What is Clay

クレイとはなにか

クレイは海底や地底から採れる泥で、何千年〜何億年単位の長い年月をかけて蓄積されでき上がってきた地球の粘土鉱物です。
それらを土の中の層から掘り起こし、乾燥させて砕いたものをクレイと呼んでいます。

種類によって多少の違いはありますが、さらさらとした白砂のような質感を思い浮かべていただくと想像しやすいと思います。

クレイは様々な種類に分けられ、種類によって質感や性質、色などの分類別に分けられます。
その種類は、採取される地形により異なり、その地形が造られた土地の気候や風土にも左右されます。

種類によって使い方やどのような効果をもたらすのかも変わってくるため、ご自身の対象や改善点を見極めながら、使用するクレイの種類を選んでいきます。

クレイの効果を最大限に発揮させるためには、ご自身の求めている使い方に適したクレイを選ぶことが大切になっていきます。

Types of Clay

クレイにはどのような種類があるのか

冒頭でもお話した通り、クレイには様々な種類があり、その分類の仕方は様々です。
成分やカラー、採取された産地でも分類できますが、クレイの特性を追求すると原子レベルまで解析することができ、鉱物学上で分類することもできます。

例えば、グリーンクレイというカラーで分類されたクレイの一種があります。

このグリーンクレイは、より細かく分類でき、鉱物学的に分類したグリーンイライト、産地で分類したグリーンモンモリオナイトのように、更に細かく分類されています。

用途や体質、体調などに合わせて使い分けができますが、クレイの種類は主要とされているものだけでも多数存在します。

ここで、各分類別にクレイをご紹介していきます。

By Place of Origin

原産地別による種類

カオリン天然の岩石が風化してできたカオリナイトを主成分としたクレイです。
モンモリオナイト海底に積もる火山灰から採取されるクレイです。
ガスールモロッコからやってきたスティーブンサイトを主成分としたクレイです。
フレンチクレイフランスで採取されるクレイのことをいいます。フランスでは、ほぼ全てのクレイが揃います。
ベントナイトケイ酸鉱物、ケイ酸塩鉱物、硫化鉱物等が含まれる弱アルカリ性。モンモリロナイトが主成分です。

By mineral sciences

鉱物学上での種類

カオリナイト微粒子で柔らかい白っぽい色をした鉱物。カオリンの主成分です。
イライトフィロケイ酸塩鉱物、または層状のアルミノケイ酸マグネシウム鉱物です。
スティーブンサイトガスールに含まれる珍しい鉱物。ケイ酸マグネシウム鉱物です。
マイカカリウム、マグネシウム、または層状のアルミのケイ酸塩鉱物です。
スメクタイトモンモリロナイトとよく似た結晶構造、および特性を示す鉱物を指すグループの名称です。

Color coding

カラー別での種類

ホワイト微粒子で柔らかい敏感肌や乾燥肌にも使用できるベーシックなクレイです。
ピンクホワイトクレイとレッドクレイがブレンドされたマイルドなクレイです。
レッドクレイが心配な方にも使いやすいクレイです。初心者におすすめです。
イエロー粒子が荒く洗浄力があるので、他のクレイよりもさっぱりとした使用感を感じやすいです。
やや刺激が強くなります。
レッド鉄分を多く含む朱色の泥がデトックスに向いているといわれています。火山灰が主原料のクレイです。
グリーンクレイの中でも洗浄力が最も高いと考えられているため、脂性肌やニキビ肌に最適といわれています。
海外では薬のような用途でも用いられているミネラル成分が豊富なクレイです。
ブラウン粒子がやや大きめで洗浄にも吸着にも優れているといわれているクレイです。
刺激と作用がしっかりあるため、上級者向けのクレイといわれています。
ブルー洗浄力がしっかりとあるため、刺激が強めのクレイです。

このように分類方法は様々ですが、多数のクレイが存在します。これだけでも、覚えるのも大変そうなくらい種類がありますが、これでもほんの一部になります。

では、この多数のクレイにはどのような効果があるのでしょうか。
次はクレイがもたらす効果についてご紹介していきます。

The effect of Clay

クレイにはどのような効果があるのか

これまでご紹介してきたどの種類のクレイも、主な作用は吸着です。
クレイの性質として考えられているものに、マイナスに帯電しプラスに帯電しているものを取り入れる。というものがあります。

肌にのせると体液の動きを良くし、保持している水分バランスを整えてくれるため、体液の循環が良くなり老廃物が効率よく排出されると考えられています。
クレイがデトックスに良いといわれるのも、この特徴的な性質からです。

体液の巡りが良くなるとターンオーバーのリズムが整いやすくなるため、身体の不調改善など、様々な効果へと導いてくれ、肌の活性化につながると考えられています。

クレイの吸着作用は、吸着させたい様々な場所に使用する事ができます。
抗菌作用と消毒作用があると考えられているため、足裏や脇に使用することで臭い防止にも働きかけます。また、使用するクレイ選びに注意は必要ですが、デリケートゾーンに使用する事もできます。

幅広く使うことができるクレイ。
これだけ効果が期待できるものなので、使い方にもいくつか気を付ける点があります。
次はクレイの注意点、使い方についてご紹介していきます。

Handle carefully

クレイを使用する際に気を付けること

先程ご紹介した通り、クレイは高い吸着作用が期待できます。それ故に、必要以外のものも吸着してしまう可能性があります。

まず、精製水やオイルを加えたクレイは、適度なペースト状になるまで置いてから使用し、なるべく早めに使用したほうが安心です。

クレイそのものは密封して保管すれば、期限は商品表示通りでも平気ですが、容器の蓋を開けっ放しにしたものは、空気中の様々なものを吸着してしまうため使用を控える事をおすすめします。

クレイを混ぜ合わせたり塗る際に使用する器具は、金属製やプラスチック・ステンレスの容器やボール、スプーンは使用せずに、ガラス製か陶器の容器やスプーンなどを使用してください。
これは、器具の不純物をクレイが吸ってしまう可能性があるからです。

美容で使用するクレイは、必ず皮膚に使用可能のクレイを使用してください。同じクレイでも美容用の他に工業用、工芸用などのクレイがあります。

美容用として使用するクレイは、環境汚染から守られた土壌から採掘されたクレイを選んでください。

今はペースト状になった状態で販売されているクレイもありますが、クレイそのものを入手する際には、天然100%やナチュラル認証されているもの、クレイを加工する施設もきちんと認証された機関なのか等、厳選な審査によって基準をクリアしたものを選ぶことが大切です。

How to use Clay

クレイはどのように使うのか

クレイの使用方法として一番オーソドックスなものはクレイパックです。

粉末状のクレイに精製水やキャリアオイル等の植物の成分を加えペースト状にしていきます。
クレイの種類やお好みのペーストの硬さ、室温により水分量は変わりますが、目安としてはマヨネーズくらいの固さが適しているといわれています。

ペースト状のクレイを均一に肌にのせ、一定の時間放置すると、クレイは段々と乾いてきます。
完全に乾ききるまで肌にのせたままでいると、肌を痛める原因にもなりますので、半乾きの状態で落としていきます。

この際気を付けていただきたいのは、クレイをそのまま排水口に流してしまうと詰まりの原因となりますので、ティッシュ等で簡単に拭き取ってから流すのがおすすめです。

肌の他にも髪の毛にヘアパックとして使用したり、湯船の中に入れクレイバスとして使用したりと、クレイパックだけでも様々な使用方法があります。

クレイを使用するうえで、体調や肌の状態に合わせて最適なクレイを選ぶことが、クレイの効果を十分に感じられる重要なポイントになります。

Summary of

まとめ

今までクレイについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

クレイは、昔から美容ツールとして使用されてきましたが、ヨーロッパの先住民は、日焼け対策や治療のために使用していたといわれています。
また、動物も体にこすり付けることで虫除けや日除けに使っていたともいわれており、幅広く使用されていたことがわかります。

大地から造られるクレイ。環境問題が取り沙汰される昨今には、自然の恵みの力を借りながらケアできるクレイは、より魅力的ではないでしょうか。

ご自身で使用される場合は、慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、奥が深いクレイ。
最近では、すでにペースト状になっているクレイパックも販売されているので、粉末状のクレイを使用するのがご不安な方も挑戦しやすいと思います。是非、挑戦してみてください。